2016年12月03日

新卒入社半年にして窓際族の地位を手に入れた男

こんばんは。

本日は、僕の会社の同期である

「新卒で入社したものの、半年で部署異動を経験し、窓際族の地位を手に入れ、現在は社内フリーランスとして活動している男」

のお話をしたいと思います。

スポンサーリンク








彼は僕と同期入社、会社員生活8カ月目になります。

後で詳しく書きますが、
彼は入社8カ月目にして部署異動を3度経験し、窓際族の地位を手に入れ、社内フリーランスを自称している逸材です。
今は訳あって人事部から独自の研修が施されているようですが、社内窓際族、社内フリーランスという彼の立ち位置は揺るがないでしょう。



今回の記事ではそんな彼の、窓際族になるための涙ぐましい努力、狡猾な手法、緻密な戦略を記事に書き起こしました。



是非読んでみてください。





そんな彼と僕との出会いは、同期との飲み会の場でした。


見た目はまるで体育会の応援指導部にでもいそうな風貌なのですが、意外と中身は繊細なようで、初対面の僕に対しての発言は


「きみ○○大学出身なんだってな!!!すげーな!!おれ○○落ちたんだよ!!!まじで行きたかったわ!!!」



と、怒涛の学歴コンプ丸出し発言をしてきました。


その後も、やたら学閥とか学歴の話をする彼、


僕は思いました。



コイツはきっと面白い奴だ。



と。




僕の予想はあたり、入社して1カ月目のある日、彼は僕に愚痴をこぼしてきました。




「おれ、転職を考えているんだ。もう転職サイトに登録して、情報収集をしているよ。この会社はオレに向いてない。」




正直、この会社はオレに向いていないというより、会社員自体が彼には向いてないんじゃないかな?とも思ったのですが、そこはぐっとこらえ、

「転職応援するよ」

と僕は彼に言いました。



そして入社して3カ月ほど経ったある日のこと、風の噂で「彼が部署異動になった」という情報が入ってきました。



率直に言って入社3カ月目で部署異動なんて異例中の異例なんですが、その間に彼の色々な情報が僕の耳に入ってきました。



・上司のハンコを勝手に使用してプライベートの交通費申請を会社に要求したり

・営業で顧客に製品の製造原価をぶちまけたり



様々な武勇伝を3カ月の間に彼は残したようです。


そして、入社半年目、僕は彼と久々に会い、彼の状況を聞きました。




「よお!部署異動になったんだって???大変だったな。何があった?」

「ああ、おれは上司からパワハラを受けていたから、上司の発言をアイホンで録音して労基署に提出してやった。そんで、おれは鬱病で2週間休んだ。」





とんでもない回答が彼の口から帰ってきました。

そもそも、怒られているときにアイホンでその様子を録音して労基署に提出するようなメンタルの持ち主が鬱病になるわけがないと僕は思うのですが、そんな突っ込みをこらえつつ、好奇心でいっぱいの僕は彼に質問をしました。


「それで、その後上司と君はどうなったの??」


「おう!上司は部署異動になったぜ!左遷だな!おれが左遷させたぜ!そして俺は部署異動がかなったぜ!」



衝撃発言がまた飛び出しました。



「おれが上司を左遷させた」発言です。


何度も言うようですが、相手を左遷させたことに喜びを覚えるような人間が鬱病になるとは思えません。
僕はさらに、鬱病の間に彼が何をしていたかを尋ねました。

すると、彼の口からは、
「Webマーケティングの勉強をしていたぜ」
という発言が飛び出しました。



コイツ.....たぶん鬱病じゃねえ....




そんなこんなで、彼は念願の部署異動をかなえることができたのです。




ここまでが半年の間の出来事。衝撃的な話でしたが、話はまだこれで終わりませんでした。



そこから先の2か月、彼は異動先の部署で何をしていたのか、僕はそこの情報も彼から聞き出しました。



異動先では、彼はほとんど仕事を与えられず、日々ネットサーフィンをして定時で帰る毎日を繰り返していたようです。

どうやら、彼に仕事を渡して自分が責任を負うことになったら嫌だ。という心理が周りに働いていたようです。


そりゃそうですよね。


彼を取引先に連れて行って製造原価なんてベラベラ喋られたらその責任は上が負うわけですし、下手に彼を叱責してまたアイホンでその様子を録音されてどこかに流されたりしても困るわけですし、先輩たちの立場からしたら彼と絡むということはかなりのリスクを背負うということなんですよね。




さて、ここまで来て、僕は彼が入社半年で何にも代えがたい地位を築いていることに気づきました。




そうです。彼は窓際族という地位を手に入れたのです。




1.新人という立場を最大限に利用して、自分の不祥事を上司になすりつけるという高等テクニック

2.自分に対する叱責を録音してそれを公開することにより、自分が危険人物であるということを一瞬で周囲にしらしめるという巧妙な手口





この2つの過去の事例により、確実に誰も彼に仕事を渡そうとしないですし、彼を叱責しようという気にもなりません。


だって、彼に仕事を渡して不祥事を起こされたら責任を取るのは自分ですし、彼を叱責してその様子が録音されていたら誰だって怖いですからね。


彼はこうして、自らの手で、自ら社内で確固たる地位を築き上げていったのです。




窓際族という地位を確立した彼は、まさに水を得た魚のようでした。




最近は社内フリーランスを名乗り始め、いろいろな部署に顔を出しては雑談を始めたり、ちょっと雑用を手伝ったり、ちょっと自分の机でネットサーフィンをしたり.....





まるで上役のような自由を、会社内で手に入れたのです。




そして、定時に上がり、給料はしっかりいただきます。





ここまで話したところで、ぼくは思いました。






彼こそが、真の 「 勝 ち 組 」 なのではないでしょうか?





今後も彼の動向に注目です。





以上、新卒入社半年にして窓際族の地位を手に入れた男のお話でした。

スポンサーリンク






posted by タコペッティ at 23:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 働き方・仕事論・キャリア論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の大原〜呂川茶屋

今回は大原に行った時に見つけたうどん屋を紹介したいと思います。
呂川茶屋という、京菜家うどんのお店です。

スポンサーリンク







大原バス停から三千院へ向かう途中の参道にあります。

店頭はこんな感じでした。

IMG_6427.jpg

感じの良いお姉さんが「すぐに席へご案内しますよ〜」と呼び込みをしていたので、言われるがままに入ってみます。なかなか接客が上手く、好印象。

メニューはなんかいろいろ書いてありますが、お昼時でしたしうどんが名物とのことだったのでうどんを注文することに。

IMG_6429.jpg

IMG_6428.jpg

まつこと15分ほど、店内に京都や大原に関する観光本や歴史本が置いてあったので、読みふけっていました。店内は田舎のうどん屋といった落ち着いた感じ。
古本がたくさん置いてあるので、待ち時間も飽きずに過ごすことができました。

それなりに待って、注文したうどんが到着しました。時間がかかるということはちゃんと作ってくださっている証拠ですね。


僕が頼んだのは天ぷらうどんとかやくご飯のセット。ひじきの煮物と大原名物の柴漬けと、かやくご飯が天ぷらうどんにセットでついてきます。

IMG_6426.jpg


連れが頼んだのがこの店名物だという、

「うどん彩る味、色、香り、京野菜うどん ごま豆腐付き」
人参、南瓜、赤柴蘇を織り込んだ特性うどん


とろろ汁と出汁の2種類でうどんをいただくことができます。

IMG_6425.jpg

うむ。名物なだけあってこっちも美味しそうだ。


両方とも食べてみた感想としては、天ぷらうどんのほうは割とどこでも食べられそうなうどんでしたが、京野菜うどんのほうはこの店でしか味わえないうどんでした。
3種類のうどんともに、コシがあって美味しかったです。とろろ汁につけても美味しい。
うどんというよりはラーメンに近いような?そんな食感もしました。

いずれにせよ珍しいうどんを食べることができました。



そんな大原の京菜家うどん、大原に訪れた際には是非お昼に立ち寄ってみください!


スポンサーリンク





posted by タコペッティ at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

新宿の老舗とんかつ屋「王ろじ」

こんばんは。

先週末に東京へ行ってきまして、せっかくなので美味しいものを食べようということで、創業85年、大正10年創業の伝統あるとんかつ屋さん「王ろじ」へ行ってきました。

スポンサーリンク







「王ろじ」は日本で初めて油で揚げるとんかつを提供し始めたと言われています。

場所は東京メトロ新宿三丁目駅から徒歩で2分ほど、伊勢丹の隣、郵便局のすぐ近くにあります。
住所は東京都新宿区新宿3-17-21ですね。

大通りの裏側の、こんな感じの通りにあります。

IMG_6390.jpg

IMG_6402.jpg

外装はまるで普通の家のよう。
早速中へ入ってみます。

中も一般の家のような雰囲気は変わらず、お店というよりはもともと民家だったところをムリヤリ飲食店に変えたという印象を受けました。
大正時代からこの家で営業を続けてきたんですかね。

中へ入ると、一階は満席だということで地下へ案内されます。
1階だけでなく地下まであるのか!!と驚きながら、階段を下ります。

階段は非常に急でした。

IMG_6392.jpg

実家の階段を思い出します。

階段の隅に新宿三丁目のはっぴを着た何者かの像が置いてありました。いろいろ突っ込みどころが多すぎる...

IMG_6391.jpg

そして案内されたのが丸テーブルでした。

IMG_6396.jpg

めちゃくちゃ庶民的ですね!!!!!

そして現れたのが、非常に人のよさそーなおじさん。
言葉がたどたどしく、質問をしても曖昧な返答しか返ってこず、本当にここで何年も接客を続けている人なのか!!??と思いたくなるような人でしたが、良い人って感じは伝わってきました。

大正時代からずっと続けていると、既にブランドも味も確立されているので、今更接客などにこだわる必要はないのかもしれませんね。


そんなこんなでメニューを見て、注文をします。

「王ろじ」はカツカレー(メニューに書かれている名前は「とん丼」でした)が有名なのですが、僕はあえてとんかつ定食を注文。とんかつそのものの味を味わいたかったからです。その代わり、一緒にいた連れはカツカレーを注文しました。


待つこと数分、前菜が出てきました。お漬物。大正時代から守り続けた味なのかわかりませんが、非常に美味しい。

IMG_6394.jpg

さらに待つこと数分、とんかつとキャベツがやってきました。

IMG_6395.jpg

見た目はあまり美味しそうではないか....??

ひとまずキャベツから頂くことに。
マヨネーズがついていたのでマヨネーズをつけてキャベツを頂いたのですが、なんと!このマヨネーズ、自家製のマヨネーズでした。そんじょそこらのマヨネーズと違い、それだけで何口もいけてしまいそうなマヨネーズ。やはり大正時代から続いているお店は調味料1つとっても拘るところが違うなと感じました。

マヨネーズに感動するのもつかの間、次はメインのとんかつをいただきます。

このとんかつも見た目に反し、衣の中身は最近流行りのキムカツのように、お肉が何層にも連なっており、一口かじっただけで肉汁がジュワ―ッと出てくるタイプのとんかつでした。
肉に厚みがあり、肉汁が口いっぱいにひろがり、衣もサクサクで、さらにはソースも自家製でしたので、全てがマッチングして最高に美味しい。自家製ソースとマヨネーズを合わせてとんかつを頂くのも最高でした。

IMG_6399.jpg

(お皿といい、見た目が微妙なのであまりおいしそうには見えないかもしれませんが、味は本当に美味しい。老舗のブランド力と何年ものれんを続けている伝統の味に感服でした)


そんなこんなでとんかつの味に感動していたら、またまた数分遅れてお味噌汁が到着しました。


どうやらこちらのお店、お昼でも定食を頼むとさながらコース料理かのように、一品一品時間差で各料理が到着するようです。

お味噌汁の写真はこちら。

IMG_6398.jpg

このお味噌汁もいろいろと突っ込みどころがあるのですが、まず器がお茶碗!?

そこに突っ込みどころを感じつつ、一口いただきます。

そしてさらに突っ込みが。


豚汁かと思いきや、中に入っている肉はベーコンでした。


豚はカツで食うからええやろ!ベーコンにしたろ!


っていうお店側の目論見なのかもしれません。

お味噌汁も出汁が利いていて、とても美味しかったです。どちらかというと洋風スープに近い味でしたが。洋風スープと味噌汁を足して2で割ったような味。
これもまた独特。



さて、一方で友人の注文したカツカレーはどうでしょうか。
カツカレーの写真はこちら。

IMG_6397.jpg

器がまた何とも面白い。

そして実はこの器、下のお皿と上のお椀がくっついているのです。この食器も自家製(特注)なんだとか。

IMG_6400.jpg

正直、下のお皿と上のお椀をくっつけることに意味を見出すことはできませんが、大正時代から続く老舗店としてのなんらかのこだわりがあるのでしょう。


にしてもこのお皿、洗うのすげーめんどくさそうですけどどうなんでしょうか。


あと、重ねるのも難しそう。っていうか、重ねられないので非常に場所とりそう。
一体どんな思いで先代はこのカツカレー器を考えだしたのか。謎である。

しかし、このカツカレー器の面白さのおかげで訪問するお客もいるわけですから、この世の中面白いことしたもん勝ちなのかもしれませんね。


ちなみに定食は1500円くらい、カツカレーこととん丼は950円でした。



非常に食べごたえがあり、一品一品の料理に独創性があるご飯屋さんでした。

何度も言いますが、やっぱり大正時代から続いている老舗のお店は違いますね。

外装、内装、店員、料理、調味料、食器、独創性の塊でした。



久々にご飯屋さんで感動しました。



新宿三丁目ですので、東京住みの方は是非行ってみてください。


スポンサーリンク






posted by タコペッティ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク